シティ、レスターMFマフレズ獲得へ 「移籍金100億円+選手一人」で最終オファー

2015-16シーズンに岡崎らとともに“ミラクル・レスター”の司令塔としてリーグ制覇に貢献

 FW岡崎慎司が所属するレスターのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに対して、マンチェスター・シティが“最終オファー”を送ったという。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。

 マフレズはペップ・グアルディオラ監督が率いるシティへの移籍を望み、練習を欠席するなどレスター内で浮いた状況にあると同メディアでは報じられていた。レスターはそれでもマフレズを手元に残す方針とされていたが、シティは移籍市場の最終日となった31日に一発勝負のオファーを投じたという。

 移籍金は現金で6500万ポンド(約100億円)に加え、選手一人のオファーになるという。シティの放出対象プレーヤーは明らかにされていない。

 2015-16シーズンには岡崎らとともに“ミラクル・レスター”の司令塔としてプレミアリーグ制覇に貢献した左利きの“魔術師”だが、近年はビッグクラブへの移籍願望が見え隠れしている。

 マフレズにとってはプレミアリーグで首位を走るシティから待望のオファーが届いた形になるが、果たして残り半日を切った残り時間で交渉は成立するだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング