トットナムFWケイン、サウサンプトン戦で圧巻3発 年間得点数でプレミア記録更新&メッシ超え

吉田所属のサウサンプトン戦で前半39分までに2ゴールを決めて記録更新

 トットナムのイングランド代表FWハリー・ケインは、現在2季連続でプレミアリーグ得点王を獲得するなど世界屈指の点取り屋として名を馳せている。今季もゴールを量産している24歳は26日のサウサンプトン戦でハットトリックを達成し、プレミア記録更新と「メッシ超え」を果たした。

 トットナムはサウサンプトン戦の前半22分に左サイドでFKを獲得。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンのキックからケインが頭で合わせて先制した。ケインはこのゴールで2017年中に決めたゴールが「37」に到達。1995年にブラックバーンで元イングランド代表FWのアラン・シアラー氏が記録した36得点のリーグ記録を塗り替えた。

 イングランド代表ストライカーの勢いはこれで止まらない。同39分には左サイドを抜け出した韓国代表FWソン・フンミンの折り返しをゴール前で合わせてこの日2点目もゲット。さらに後半22分には3点目を決めるなど、日本代表DF吉田麻也らを擁するサウサンプトン守備陣をいとも簡単に打ち砕いた。

 これで2017年の公式戦全体でのゴール数を「56」に伸ばしたケイン。プレミア記録の更新に続き、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(54得点)を抜いて年間ゴール数で欧州5大リーグトップに躍り出た。

 ケインは2017-18シーズンのプレミアリーグ得点ランキングでも18得点で単独トップに立った。2004年から06年の元フランス代表FWのティエリ・アンリ以来の3年連続得点王という偉業の達成に向けても前進している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング