バルサに惨敗の夜…PSGの元伊代表MFが空港でひき逃げ サポーターが被害、事件に発展も

パリの空港で激怒するサポーターに囲まれ、モッタが乗用車で逃げようとするも接触

 パリ・サンジェルマン(PSG)はUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦バルセロナとの敵地第2戦で1-6と衝撃の惨敗を喫した。本拠地第1戦で4-0と大勝していたチームは歴史的な逆転負けで敗退したが、パリに戻ったチームにさらなるアクシデントが起きた。

 PSGの元イタリア代表MFチアゴ・モッタの乗用車が空港で憤怒のサポーターに囲まれたが、トラブルを避けるために自動車を発進した際に男性に衝突し、ひき逃げする形となった。フランスメディア「RMCスポーツ」などが報じている。

 現地時間8日深夜、パリ近郊のル・ブルジェ空港に戻ったPSGのチームに待ち受けていたのは衝撃的な逆転負けに激怒するサポーターだった。

 空港の警備があまりに手薄だったために、自宅に乗用車で引き返す選手はサポーターに囲まれ、散々罵倒された。モッタは暴徒化するサポーターから逃げようとしたところ、男性の下半身に乗用車の前方部分が接触。かなり低速での運転だったものの、モッタがその場を去った後、サポーターが路上に倒れこむ映像も克明に捉えられていた。

 モッタは男性と接触したことに気づいていたどうか不明だが、ひき逃げ事件に発展する可能性もある。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング