「PKの判定は厳しかった」 長谷部は原口の“痛恨プレー”を擁護 

「やろうとしていたサッカーがハマった、特に前半は」と一定の手応えをつかむも…

 日本代表キャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)は、11日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選、敵地オーストラリア戦の1-1ドローに「今日の勝ち点1がワールドカップにつながるようにやっていきたい」と前を向いた。

「試合開始からやろうとしていたサッカーがハマった感じは、特に前半はあった」

 そうキャプテンが振り返ったように、日本は前半5分で幸先良く先制点を挙げた。中盤でFW原口元気が相手のパスを引っ掛けると、そのボールを引き取った長谷部は前方へ進出。1トップでスタメンのFW本田圭佑へ縦パスを通し、その本田がワンタッチで裏に出したボールに走り込んだ原口が左足で決めて先制点を奪う。6日のイラク戦で原口が決めた先制ゴールと同様に、鮮やかなカウンターがさく裂した。

 しかし、その後は同じような攻撃が続かなかった。長谷部は「カウンターの精度を上げないと押し込まれる時間が続く」と、ボールを奪った後のプレーに課題が残ったと語った。

 守備陣がオーストラリア攻撃陣に大きなチャンスをほとんど作らせなかっただけに、後半6分に原口が与えたPKは痛恨だった。とはいえ、悪質なコンタクトではなかっただけに「個人的な感想としては、今日は勝ち点3を取れた。PKの判定は厳しかったが、もっといい試合運びをすれば勝ち点3が取れただけに悔しさがある」と、勝利をつかみきれなかったゲームを悔やんだ。

 

page1 page2

トレンド

ランキング