【W杯】ドイツ撃破の日本を“MANGA”で称賛? 海外の“顔のみ差し替え”投稿が話題

FIFAが日本代表を”MANGA”で称賛【写真:ロイター】
FIFAが日本代表を”MANGA”で称賛【写真:ロイター】

日本はドイツに2-1で逆転勝利 海外記者は偉業をシュールな形で表現

 日本代表は現地時間11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦でドイツ代表と対戦。2-1の逆転勝利を収める大金星を飾った。優勝候補ドイツを撃破した日本に対し、海外記者が運営するアカウントでは日本の先発イレブンを日本の人気アニメキャラの顔に差し替える加工画像が投稿され、シュールな形で偉業が表現されている。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 日本は序盤からドイツの猛攻に苦しむ展開を強いられると、前半31分、GK権田修一がペナルティーエリア内でDFダヴィド・ラウムを倒してPKを献上。キッカーを務めたMFイルカイ・ギュンドアンに冷静に決められ先制点を許してしまう。しかし、後半開始から施した3バックへの変更が流れを大きく変える采配となり、徐々に日本のペースとなる。

 そして、途中交代で入ったアタッカー陣が大きな仕事を成し遂げる。後半30分、MF三笘薫のスルーパスを受けたMF南野拓実が折り返し、ノイアーが弾き出したところにMF堂安律が詰めて同点弾を決めた。さらに直後の同38分にはセットプレーから抜け出したFW浅野拓磨が強烈な右足のシュートを叩き込み、勝ち越しゴールを記録。終盤の怒涛の2ゴールで劇的な逆転勝利を飾った。

 優勝候補ドイツを相手に“ジャイアントキリング”を達成した日本だが、海外記者のフィリップ氏が運営するFIFA World Cup Statsの公式Twitterでは、ドイツに圧倒された前半の日本と、ドイツを打ち負かした後半の日本を比較する表現として、日本代表の先発イレブンを、日本の人気アニメである「ドラゴンボール」「ナルト」「BLEACH」「東京リベンジャーズ」などに登場するキャラクターの顔に差し替えたシュールな画像を投稿。日本が成し遂げた偉業は、これからも様々な形で取り上げられることになるかもしれない。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング