川島永嗣×谷晃生、18歳差GKコンビが語るGK観 大先輩が意外に感じたことは?

日本代表GK川島永嗣と同代表GK谷晃生が対談【写真:プーマ】
日本代表GK川島永嗣と同代表GK谷晃生が対談【写真:プーマ】

契約するプーマの動画シリーズ「上達加速術」第2弾で対談

 スポーツブランド「プーマ」は、育成世代のサッカープレーヤーたちに向けてパフォーマンスの上達を加速させるためのノウハウやマインドを伝える動画シリーズ「上達加速術」を展開。第2弾として、日本代表GK川島永嗣(ストラスボール)と日本代表GK谷晃生(湘南ベルマーレ)が対談した「GKの進化と本質」を公開している。

 39歳の川島はワールドカップ(W杯)に過去3回出場。2010年夏以降、ベルギー、スコットランド、フランスと海外リーグでプレーし続けている。一方、21歳の谷は、2020年の湘南へのレンタルをきっかけに台頭。東京五輪の日本代表メンバーに選ばれ、今年7月のE-1選手権でA代表デビューを果たしている。

 18歳差の2人が今回対談。川島は、「意外にGK同士ってGK観をあまり話さないよね。求められるものが違うじゃん」と明かしつつ、「今のGKに求められるものと、晃生が10歳で見てた時に求められるGK像って違うでしょ? 今は根本的にゴールを守らなければいけない。それをどれだけできるかが一番大切なところ。それ以外のビルドアップとか、仕事が減るように助けてあげられるか」と語った。

 対する谷は、「チームによっても求められることはある。背後のカバーをしてほしいとか、高いポジションを取ってやってほしいとか。究極を言えば、僕はもうどんだけ足もとなくても、どんだけキックが下手でも、シュートを全部止めてくれるGKが一番いいGK」と、失点しないことへのこだわりを口にした。

 これには川島も、「現代は足もとを求められるし、ディフェンスの背後のケアも求められたりとかするでしょ。若い世代はマルチというか、目指しているのかなと思うけど、根本的なところはそこ(全部止める)なんだね」と話し、GK観に意外性もあったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」