「なぜ久保は代表で出られない?」 セルジオ越後氏が視聴者からの質問にズバリ回答

日本代表MF久保建英【写真:(C) JFA】
日本代表MF久保建英【写真:(C) JFA】

YouTubeチャンネル「蹴球越後屋」で裏生配信

 サッカー解説者のセルジオ越後氏が3月24日、自身のYouTubeチャンネル「セルジオ越後チャンネル『蹴球越後屋』」で、元日本代表FW岡野雅行氏をゲストに迎え、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第9節オーストラリア戦を裏生配信。途中出場のMF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)が終了間際に2ゴールを挙げて2-0で勝利し、7大会連続のW杯出場を決めたなか、セルジオ越後氏は出番のなかったMF久保建英(マジョルカ)にも触れた。

「セルジオ越後チャンネル『蹴球越後屋』」は、勝てば7大会連続のW杯出場が決まる敵地でのカタールW杯アジア最終予選オーストラリア戦の裏生配信を実施した。

 3トップの左に入ったFW南野拓実(リバプール)は、前半28分にはペナルティーエリア内で2度の切り返しから右足シュートを放つも、これは惜しくも枠を捉えられなかった。日本はさらに前半32分、FW伊東純也(ヘンク)の右サイドのクロスから南野が頭で合わせるもボールはクロスバーに当たってゴールならず。同37分にDF長友佑都(FC東京)の左サイドのクロスから中央で南野が合わせた場面もクロスバーに嫌われた。

 スコアレスで折り返した後半も一進一退の攻防が続いたなか、後半39分に南野に代わって途中出場した三笘が真価を発揮する。

 後半44分、DF山根視来(川崎フロンターレ)とMF守田英正(サンタ・クララ)のパス交換から山根がゴールライン際から中央へ折り返し、ゴール前に走り込んできた三笘が右足シュート。ゴール左隅に流し込み、待望の先制点をもたらした。

 敵地で優位に立った日本は、ボールをキープするなか、後半アディショナルタイムにも三笘が左サイドから個人技でゴール前に侵入し、そのままシュートまで持ち込んで追加点。日本は2-0で勝利し、7大会連続のW杯本大会出場を決めた。

 そのなかで、久保はウォーミングアップしていたが、最終的に出番はなし。視聴者から「あれだけ才能のある久保選手が日本代表で出られないワケは?」と質問が飛ぶと、セルジオ越後氏は「才能は何を評価するか。例えば所属チームで活躍しているか。久保は数字を残していない。チームの状況も良くないけど、まだリーグで1点しかとっていない。彼に何を求めるか。アシストもない。ボールを持ったら上手く見えるけど、最終的には結果を出すか出さないか」と語った。

 久保は今季リーグ戦20試合で1得点1アシストにとどまっており、そういった面も采配に影響したと推察していた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング