播戸氏が途中出場の上田綺世に太鼓判 「日本人でなかなかなくないですか?」

FW上田綺世【写真:Getty Images】
FW上田綺世【写真:Getty Images】

「播戸竜二のおばんざい屋」でオーストラリア戦を裏配信

 日本代表(FIFAランク26位)は3月24日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第9節でオーストラリア代表(同51位)と敵地で対戦。元日本代表FW播戸竜二氏が自身の公式YouTubeチャンネル「播戸竜二のおばんざい屋」で、元日本代表MF石川直宏氏と元国際主審の家本政明氏を迎え、裏番組を配信している。

 日本代表は後半18分にDF長友佑都に代わり、DF中山雄太を投入。そして、この日スタメン抜擢となったFW浅野拓磨に代わり、FW上田綺世が投入された。

 2選手の交代シーンを受け、播戸氏が選手交代の意図を解説。「長友は長いクロスがあがってないんで」と言及すると、交代で出場となった中山について「クロスを上げて上田綺世のヘディングしかり、シュートしかり。そして裏に流れてきた時の伊東純也を狙ってるんじゃないですか」とサッカーボードを用いて解説した。

 播戸氏は試合前にも「上田綺世を推したで!あのシュート(5節・湘南ベルマーレ戦での得点)見ました? あれ日本人であんなこれ、なかなかなくないですか?」と上田に太鼓判を押しており、家本氏も「(スタメンは浅野ではなく)こっち(上田)だと思ってた。いい選手だよね」と期待を寄せていた。

 その後、後半29分には中山のクロスからシュートチャンスを迎えるも上田はミートできず。播戸氏も「可能性凄かった、角度調整難しいのよ、これ」とチャンスシーンに言及。播戸氏が解説した通りの展開から日本代表はゴールを決めることができるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング