岡田武史氏、森保ジャパンへ「あんなに無理する必要はない」 豪州戦の試合運びに持論

前半0-0の日本代表【写真:AP】
前半0-0の日本代表【写真:AP】

スポーツチャンネル「DAZN」の生中継で解説

 森保一監督率いる日本代表は3月24日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第9節でオーストラリアと対戦。スポーツチャンネル「DAZN」の生中継では、元日本代表監督の岡田武史氏、元日本代表MF中村憲剛氏、元日本代表DF内田篤人氏の3人が、試合を解説している。

 勝てば7大会連続のW杯出場が決まる日本だが、敗れればオーストラリアとの順位が入れ替わる一戦でもある。次節、日本は最下位に沈むベトナムと対戦する一方、オーストラリアはグループ首位のサウジアラビアと対戦。引き分けでも、日本にとっては十分な一戦だが、予想以上にオーストラリアのゴール前までボールを運びやすい展開となっているため、日本がシュートを決められずにカウンターを受けるという展開が増えた。

 その展開に2度のW杯を戦っている岡田氏は、「引き分けでOKの日本がカウンターを受けている。逆ですよね。押し込んで、あんなに無理する必要はないように思う」と、カウンターを受ける可能性がある状態で、攻撃を終えている状況に首をひねった。

 中村氏も、「勝負パスのタイミングをずらしてもいいかなと思う」と、岡田氏に同調しつつ「アタッキングサードに普通に入っていける状態、ここまでやりたい放題に近い形で、最後で引っかかっている」と、シュートまでの攻撃がうまくいっているからこそ、難しい状況になっていることを指摘した。

 引き分けでも、最大の目的であるW杯出場権獲得に、大きく近づく一戦だが、一気にW杯出場を決められそうなチャンスがある。この難しい展開で、どのようなゲームコントロールを見せるのか。0-0のまま迎えたハーフタイムで、森保監督がどのような指示をチームに出すかも注目される。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング