「意味が分からない」 闘莉王、快勝劇も“テンプレ化”森保采配をバッサリ「これは本当に疑問」

元日本代表DF闘莉王氏【写真:荒川祐史】
元日本代表DF闘莉王氏【写真:荒川祐史】

サウジアラビア戦に2-0勝利も森保監督の采配に問題提起

 森保一監督率いる日本代表は2月1日、ホームで行われたカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第8節サウジアラビア戦に2-0で勝利した。元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏は、快勝劇の陰に隠れた森保監督の采配を疑問視。「本当に試合を見ているのか? 意味が分からない」と一刀両断している。

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新話のテーマは日本代表。中国戦(2-0)で低調だったDF長友佑都(FC東京)の起用法を巡って森保采配に注目が集まっていたなか、「今回は逆パターンです。なぜあれだけ調子の良かった佑都を代えたのか? 森保監督、本当に試合を見ているのか? 意味が分からないです、今日も」とバッサリ。

 気合十分のパフォーマンスだった長友とFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)を最初に二枚替えする戦術は中国戦と同じ。「基準が分からないですね。久しぶりに長友の本当の試合が見れた試合なのに、なんで代えたの? これは本当に疑問に残る」とテンプレ化している交代策に触れている。

 メダル獲得のチャンスを逃した東京五輪でも交代策に疑問の声が上がっていた森保監督。闘莉王氏は、ピッチ上の選手のパフォーマンスやコンディションを反映した采配なのか問題提起しており、快勝ムードを引き締めるような闘将節が冴え渡る最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング