冨安健洋の“トッテナム破談”発言、英国で思わぬ波紋 異なるニュアンスから誤解に発展

アーセナルDF冨安健洋【写真:AP】
アーセナルDF冨安健洋【写真:AP】

電撃移籍の経緯を明かした冨安、実際の発言とは異なる形で英メディア報道

 アーセナルの日本代表DF冨安健洋は元日本代表DF内田篤人氏がMCを務めるスポーツチャンネル「DAZN」の番組内で今夏の移籍の経緯を振り返った。噂にあったトッテナム行きが破談となり、アーセナルへの電撃移籍が決まったことを明かした冨安だが、英地元メディアでは冨安の発言が思わぬ形で波紋を呼んでいる。

 冨安は今夏にセリエAのボローニャからアーセナルへと移籍した。当初はセリエAの複数クラブの他にトッテナムが候補として挙がり、現地メディアでは具体的な移籍金額まで報じられていた。内田氏とのオンライン対談で移籍について聞かれた冨安自身も「僕も行くと思ってました」と明かしていたが、トッテナム行きはその後に消滅。マーケット締め切り直前に突如アーセナルが浮上してきたという。

 冨安は次のように話している。

「(トッテナム移籍は)ぎりぎりでなくなって、それこそアーセナルは全然なかったんですよ。最後、8月30日の夜に急に出てきてくれて、そこから決まった」

 さらに内田氏からの「アーセナルの上ってなると難しい所になるけれども、行きたい国とか、行ってみたいチームはあるんですか?」との“直球質問”に対しても、冨安は「ないですね。アーセナルが元にいた場所、本当にアーセナルが一番上だった時代に一緒に戻ることができれば、今いる場所が世界最高の場所になるので、それが僕にとってベストです」とアーセナルへの忠誠を誓っている。

 この決意表明でアーセナルサポーターからの株を上げた冨安だが、移籍に関する発言は思わぬ形で波紋を呼んでしまったようだ。というのも、日本語で行われたこのインタビューが英語に翻訳された際に、冨安の「(トッテナム移籍は)ぎりぎりでなくなって」の部分について実際の発言とはややニュアンスが変わった形で報じられているのだ。

 実際に冨安の発言について英国メディアで報じられた例を見てみると、「ザ・サン電子版」「デイリー・ミラー電子版」ではともに「I thought I was going to Spurs. On deadline day, I rejected them.(スパーズに行くと思っていた。デッドラインデーにそれを断った)」となっている。冨安は自ら「断った、拒否した(rejected)」との表現はしていないが、現地では少なからず冨安がトッテナム行きを断り、そのライバルであるアーセナルを選んだと両クラブのライバル関係に火をつけるような解釈が広まっている。

 これについて「デイリー・スター」紙では「トッテナムファンはアーセナルを選び、トッテナムを拒否した冨安健洋の主張に反論」という見出しを打ち「君が私たちを拒否したのではなく、私たちが代わりエメルソンを選んだんだ」「彼はトッテナム加入を熱望していたが、我々は彼よりもエメルソンを選んだ」といったツイッター上でのファンからのコメントが紹介されている。実際の発言と伝えられた内容に乖離した部分があることで誤解が生じているようだ。

 一方で、「ロンドン・イブニング・スタンダード」や「ジ・アスレティック」では同じ発言箇所について「I thought I was going to Spurs. On deadline day, the move broke down.(スパーズに行くと思っていた。デッドラインデーに移籍が破談した)」と元の発言に近い表現で伝えられていた。


【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド