神戸イニエスタ、相手最終ラインを翻弄する絶妙スルーパスに反響 「シビれる~」

ヴィッセル神戸でプレーするMFアンドレス・イニエスタ【写真:井上智博】
ヴィッセル神戸でプレーするMFアンドレス・イニエスタ【写真:井上智博】

大分戦の前半6分、大分の守備陣を切り裂くスルーパスを山口に通す

 ヴィッセル神戸は今夏、元日本代表FW武藤嘉紀、日本代表FW大迫勇也、元スペイン代表FWボージャン・クルキッチと大型補強を敢行し、大きな注目を集めている。その豪華メンバーを操るのは、やはり元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタだ。Jリーグ公式ツイッターは、25日に行われたJ1リーグ第26節大分トリニータ戦で繰り出したスルーパスを「ワールドクラス」と称賛している。

 トップ下で先発したイエニスタは前半6分、いきなり大分の最終ライン裏に通す絶妙なスルーパスを供給する。元日本代表MF山口蛍のクロスがつながらずにチャンスは逃したが、Jリーグ公式ツイッターは「これぞワールドクラス」とピックアップ。ファンからは「シビれる~」「エロ」「あのタイミングであそこ通せるんですね」といった声が上がった。

 イニエスタは勝ち越し点となるPKを決めて2-1で迎えた後半23分にも、タッチライン際でボールを奪うと、大分MF野村直輝、MF増山朝陽に囲まれながらも巧みなボールコントロールで味方へパスを通す“リフティングパス”を披露。試合後、大迫が「アンドレス(イニエスタ)がボールを持った時に何か起きそうな気がする」と語ったのも納得だろう。

 今後、イニエスタが豪華攻撃陣をどのように生かしていくのか楽しみだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング