サッカーと選手・監督への「批判」 EUROで興味深かった痛烈な指摘と“返し方”

EUROベスト16で敗退したドイツ代表【写真:Getty Images】
EUROベスト16で敗退したドイツ代表【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】EUROの試合後インタビューで起きたアラバとリポーターの興味深いやり取り

 プレーに対して、戦術に対して、システムに対して、ドイツをはじめヨーロッパのメディアではなかなかに痛烈な批判が出てくることが少なくない。そこまで言うか、という指摘だって普通にある。元代表選手が強烈な口調で、「このままでいいわけがない!」と話すことがある。

 それに対して欧州の選手や監督は時に聞き流したり、時にマイルドに反応したり、時に大袈裟に返したりというやり取りを見せる。慣れてはいるだろう。

 とはいえ、ある程度落ち着いた環境でできるインタビューならまだしも、試合直後のTVインタビューで思いもよらないところから指摘をされたら、選手だって対応に困ってしまう。

 オーストリア代表キャプテンのダビド・アラバは現在開催されている欧州選手権(EURO)の北マケドニア戦後のTVインタビューで、「この人、何を言っているんだろう?」という表情を見せていたシーンがあった。

 3-1で勝利した後のインタビュー。大事な初戦で貴重な勝ち点3を取った喜びがあるなか、試合展開について振り返っている時に、失点シーンについての話になった。その時にリポーターから、思わぬ反論を受けている。

アラバ「うーん、僕らは早い時間帯に不運なゴールで失点したけど……」
リポーター「不運なゴール?」
アラバ「そうだよ」
リポーター「いや、あれは本来非常に悪い守り方でしたよね」
アラバ「非常に悪い守備だった?」
リポーター「ええ、そうですよね」
(しばらく沈黙)
アラバ「えっと、見ていたんですよね?」
リポーター「あのシーンですよね」
アラバ「あのシーンを見ていたんですよね?」
リポーター「あれは、もちろんミスでもありましたね」
アラバ「誰の?」
リポーター「GKも。ボールは戻されていたシーンでしたし」
アラバ「うーん。オッケー、それでもどんな形で失点したかはとても不運だった。僕からはそう言っておくよ」

 試合直後にダイレクトに失点の原因を聞き出そうとするリポーターもなかなかのものだが、最終的に無難に話をまとめたアラバもさすがというところだろうか。

 批判は的中していることもあるし、的外れで終わることだってある。ある意味、興味深いのは外れた時の彼らの反応だったりする。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング