日本代表、強豪メキシコと一進一退の攻防 原口らが決定機も決めきれず0-0で後半へ

最初の決定機を演出した日本代表MF鎌田大地(右)【写真:AP】
最初の決定機を演出した日本代表MF鎌田大地(右)【写真:AP】

リズム良く攻撃を展開、12分以降に立て続けにビッグチャンスも得点奪えず

 日本代表は現地時間17日に、オーストリアのグラーツでFIFAランキング11位の強豪メキシコ代表との国際親善試合に臨み、前半を0-0で終えてハーフタイムを迎えた。

 日本は10月のオランダ遠征に続き、新型コロナウイルスの影響により欧州でプレーする選手のみを招集してオーストリア遠征を実施。13日に国際親善試合パナマ戦に1-0で勝利し中3日で迎えたゲームに、システムを3-4-2-1から4-2-3-1に変更、スタメンも9人を入れ替えてのキックオフになった。

 立ち上がりこそメキシコのプレスにミスを誘発されたが、少しずつ落ち着きを取り戻した日本は、前半12分にはMF原口元気がカットインから強烈なミドルを放つ。同15分には原口のラストパスからFW鈴木武蔵が1対1の決定機を迎えるも、いずれもGKギジェルモ・オチョアに阻まれ、さらにこぼれ球を拾ったMF伊東純也のシュートもセーブされた。

 その後も全体的に日本がボールを保持して敵陣に攻め込む回数の多い展開になり、サイドを切り崩すシーンもあったが、ラストパスがなかなか中央と合わず。メキシコに大きなチャンスをほぼ作らせない試合運びとなったものの、スコアは0-0のまま前半を終えた。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング