久保建英、EL3アシスト目の活躍を海外記者称賛 「エメリはなぜベンチに置けないか理解している」

ビジャレアルMF久保建英はチームを勢いづける2点目をアシスト【写真:AP】
ビジャレアルMF久保建英はチームを勢いづける2点目をアシスト【写真:AP】

マッカビ戦でアシストを含め2得点に絡む活躍を見せ、ビジャレアルの攻撃を力強く牽引

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、現地時間5日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)第3節マッカビ・テルアビブ(イスラエル)戦でアシストを含む2得点に絡む活躍で、4-0の勝利に貢献した。スペイン人レポーターも「ウナイ・エメリはなぜタケ・クボをベンチに置くことができないか理解している」と、高く評価している。

 ビジャレアルのホームで行われた一戦は、試合開始前に豪雨でピッチが水浸しとなり、整備でキックオフが1時間遅れるアクシデントがあったが、EL3試合スタメンとなった久保に影響はなかった。4-3-3の右ウイングで攻撃を力強く牽引していく。

 ビジャレアルは前半4分にコロンビア代表FWカルロス・バッカの先制ゴールで1-0とすると、久保は同14分に右サイドからペナルティーエリア内に侵入し、MFアレックス・バエナとのワンツーで左足シュートを放つもミートしきれず。前半37分にはバッカにくさびを入れ、駆け上がってリターンを受けようとしたが、コントロールが乱れてフィニッシュには持ち込めなかった。それでも、久保は随所に局面に顔を出してリズムを作った。

 久保に見せ場が訪れたのは後半6分、ペナルティーエリア手前右でボールを持つと、ファーサイドのバッカへクロス。これをコロンビア人ストライカーが相手GKともつれながらねじ込んで追加点。今大会3つ目のアシストがついた久保にも笑顔が見られた。

 その後も、久保はビジャレアルの攻撃を牽引。後半15分、右サイドでスローインを受けると、すかさず前線への的確なスルーパスでバッカのシュートを演出し、同26分には右サイドで相手からボール奪取した久保を起点に、バエナがバッカのヒールパスを流し込んでネットを揺らし、リードを3点に広げた。ビジャレアルは試合終盤にも追加点を奪い、4-0で快勝を飾っている。

 衛星放送「FOXスポーツ」スペイン語版でレポーターを務めるラオル・オルティス氏は自身のツイッターで、「ウナイ・エメリはなぜタケ・クボをベンチに置くことができないかすでに理解しているだろう。クラック」と投稿。リーグ開幕6試合でベンチスタートさせた久保は、すでにスタメン起用し続ける結果を残していると主張している。

 ELでは3試合で計1得点3アシストを記録しており、この勢いを保ちつつ、ゴールでもアピールしていきたいところだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング