日本代表、11月オーストリア遠征で大迫“未招集”の理由は? 関塚氏「今回は断念になった」

ドイツのブレーメンでプレーするFW大迫勇也は招集外に【写真:Getty Images】
ドイツのブレーメンでプレーするFW大迫勇也は招集外に【写真:Getty Images】

11月のオーストリア遠征に臨む日本代表メンバー24名が発表、大迫は未招集

 日本サッカー協会(JFA)は5日、オーストリアで行われる国際親善試合パナマ戦(13日)とメキシコ戦(17日/日本時間18日)に臨むメンバー24名を発表した。新型コロナウイルスの影響もあり、10月に引き続き国内組は招集せず、海外組だけで構成。A代表常連となるMF久保建英(ビジャレアル/スペイン)を始め、10月のオランダ遠征で10番を背負ったMF南野拓実(リバプール)やMF堂安律(ビーレフェルト)らも選出されたなか、絶対的エースのFW大迫勇也(ブレーメン)は招集外となった。

 新型コロナウイルスの感染拡大により年内のワールドカップ(W杯)予選が延期となるなか、10月にはオランダへ遠征し昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動を実施。2連戦を戦い、カメルーンと0-0、コートジボワールには1-0で勝利を収めた。

 今回もコロナ禍での開催となり、メンバーは入国制限の問題などもあってJリーグで戦う国内組は招集せず。10月のオランダ遠征に続く海外組だけの編成となったなかで、絶対的エースのFW大迫勇也(ブレーメン)は未招集。関塚隆ナショナルチームダイレクター(ND)は未招集となった理由を、「チームとしての制限が帰国後にあるということで、今回は断念になった」と説明した。大迫は10月に行われたオランダでの2連戦の際も、合宿地のユトレヒトが新型コロナウイルスのリスク指定地域となったことで、ブレーメン州の保健当局からドイツ入国の際には5日間の自主隔離を命じられたため、2戦目のコートジボワール戦には出場せず、途中で離脱していた。

 また、関塚NDは国内組に関しても「政府の制限が14日間あるため、今回も招集しないということを現場と調整しながら決定した」と、帰国後に自主隔離となり、Jリーグなどに影響があるため見送ったという。


【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング