久保建英が考える日本代表が目指すべき姿 森保監督とも一致「バイエルンみたいに…」

日本代表MF久保建英【写真:浦正弘】
日本代表MF久保建英【写真:浦正弘】

久保建英、日本代表が目指す“例”としてバイエルンを挙げる 「たくさん走ったほうが勝つ」

 日本代表は5日、オランダ・ユトレヒトで行われる国際親善試合カメルーン戦(9日/日本時間午後9時)とコートジボワール戦(13日/日本時間午後11時45分)に向けて合宿を開始した。今回は新型コロナウイルスの影響もあり、初めて国内組は招集せず、海外組だけで構成。昨年12月のE-1選手権以来10カ月ぶりの活動となる。1年ぶりの招集となった日本代表MF久保建英(ビジャレアル)は、ここから日本代表が目指すべき姿として「バイエルン・ミュンヘン」を例に挙げた。

 約10カ月ぶりの代表活動。昨年11月にU-22日本代表の合宿に参加していた久保にとっては1年ぶりの招集となった。この1年では、昨季所属したスペイン1部マジョルカで35試合4ゴール4アシストという結果を残し、今季からビジャレアルでプレー。確かな自信を手にして再びA代表の舞台に戻ってきた。まずは「1年ぶりですけどしっかり監督の話を吸収して再確認できたら」と、コンセプト理解に努めながらも、久保の中には目指すべき明確な“ビジョン”があるようだ。

「まずは大前提として自分は攻撃の選手なので、一番は攻撃でプラスアルファを求められているのでそこを出していければいいかなと思います。今のサッカーはたくさん走る、という言い方はよくないかもしれないですけど、たくさん走ったほうが勝つと思うので守備でも一定以上のことは求められると思いますし、特別な選手はいないと思います。今のサッカーで言うと、バイエルンみたいに全員が走って戻って攻撃したら勝つだろうなと思いますし、レベルの高い選手がレベルの高いことをできるようになったらいいなと思います」

 昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でパリ・サンジェルマン(PSG)を下して圧倒的な強さを発揮したバイエルンを挙げた久保。実は、日本代表の森保一監督も9月に行われたオンライン会見で「CL決勝でのバイエルンの戦い方は我々が目指すべき戦い方。バイエルンはPSGよりも組織的に戦う部分、組織でハードワークする部分で上回っていた」と話していた。久保と森保監督の中で一致している、たどり着く場所のイメージ。今回の2試合でも、日本代表の“バイエルン化”が一つのカギとなるかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング