若き日のヤット、カズも… 松井大輔、磐田移籍の“先輩”遠藤に20年前の集合写真で反応

磐田への期限付き移籍した遠藤保仁(左)に元日本代表の松井大輔が反応【写真:Getty Images & 小林 靖】
磐田への期限付き移籍した遠藤保仁(左)に元日本代表の松井大輔が反応【写真:Getty Images & 小林 靖】

高校の先輩・後輩で、京都時代にチームメイトだった松井が懐かしの写真投稿でエール

 元日本代表MF遠藤保仁は5日、J1ガンバ大阪からJ2ジュビロ磐田への期限付き移籍が正式発表された。在籍20年目を迎えたなかでの決断は大きな反響を呼んでいるが、かつてクラブと日本代表で共闘したMF松井大輔(横浜FC)が公式インスタグラムで懐かしの写真とともに反応している。

 遠藤は1998年に鹿児島実業高校から横浜フリューゲルスに加入。2001年に京都パープルサンガ(当時)からG大阪へ移籍し、今季で在籍20年目を迎えた。昨年8月2日のJ1リーグ第21節ヴィッセル神戸戦では公式戦1000試合出場を果たし、プロ23年目を迎えた今年はJ1通算出場数で新記録となる通算632試合を達成。記録はここまで通算641試合まで伸ばしているものの、今季のリーグ戦先発はわずか3試合にとどまっていた。

 遠藤は5日の会見で、G大阪に戻ってきたい気持ちを明かしつつも、「新しいチャレンジしたいという思いと、試合をたくさん出場時間も含めてたくさんゲームに出たいという思いが強くあったなかでの移籍」と決断の理由を明かした。

 これに反応したのが、2000年に京都でチームメイトだった松井だ。高校の後輩にあたり、日本代表でも共闘、磐田所属歴ありと共通点の多い39歳のファンタジスタは、「ヤットさん。センパイ。ジュビロをJ1に。よろしくお願いします」と綴るとともに、“カズ”こと元日本代表FW三浦知良(現・横浜FC)も映った当時の集合写真、日本代表でのショットも投稿。「#なつかしい写真」「#好きなチーム」とハッシュタグも添えている。

 遠藤が新天地でどのようなプレーを見せるのか、現役Jリーガーたちも一挙手一投足に注目している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング