「本当に光栄だった」 W杯出場FW、“日本帰化”に感謝「受け入れてくれた国を…」 

97年9月28日の韓国戦で日本代表デビュー 「その機会を得られて嬉しかった」

 呂比須氏は1997年9月12日に日本へ帰化し、16日後となる同月28日のフランスW杯アジア最終予選の韓国戦(1-2)で日本代表デビュー。その後は代表に定着し、W杯出場の原動力となった。98年のフランスW杯で3試合に出場すると、第3戦ジャマイカ戦(1-2)でFW中山雅史のW杯日本人初ゴールをアシストした。

「私は日本で妻に会い、そして結婚した、2人の子供も日本で生まれた。プレーの機会が増え、他の外国人プレーヤーに空きを作るため帰化した」と振り返る呂比須氏は、日本代表招集について「帰化から10日後、最初の電話を受けた」と明かす。最終的に日本代表として20試合5ゴールの結果を残し、日本サッカー史に名を刻んだ。

「その機会を得られて嬉しかったし、私を受け入れてくれた国を助けることができて、本当に光栄だった」

 帰化という大きな決断を下した呂比須氏だが、活躍の場を与えてくれた日本に対する感謝の念は今も尽きないようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング