ドイツ古豪に勝利の女神は微笑むか ブンデス“入れ替え戦”を巡る「運命の最終決戦」

ブレーメンの残留のためには大迫勇也の活躍が欠かせないだろう【写真:Getty Images】
ブレーメンの残留のためには大迫勇也の活躍が欠かせないだろう【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】最終節を前に追い込まれた1部ブレーメンと2部ハンブルガーSV

 新型コロナウイルスの影響による中断期を挟んだ今季のブンデスリーガも、最終節を残すのみとなった。すでにバイエルン・ミュンヘンが8連覇を達成し、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権はドルトムントが当確で、RBライプツィヒも得失点差で大きな差をつけているのでほぼ確定。残り1枠をボルシアMGとレバークーゼンとが争うことになる。UEFAヨーロッパリーグ(EL)へは、そのどちらかのチームのほか、ヴォルフスブルクとホッフェンハイムがすでに出場権を手にしている。

 そんななか、一番の注目となるのは1部における残留争いと2部での昇格争いだろう。残留争いはデュッセルドルフとブレーメン、そして昇格争いはハイデンハイムとハンブルガーSVが、それぞれ入れ替え戦への1枠をかけて最終戦に臨む。

 それにしても、1部リーグで優勝歴もあるブレーメンとハンブルガーSVが、数多くの名選手が名を連ね、ドイツのみならず欧州中で評価されていた両クラブが、こうした状況に追い込まれることになるとは……。

 そもそもブレーメンは、今季EL出場を目標にしていたクラブだった。シーズン前から「EL出場権獲得は僕らの最低限の目標」と副キャプテンのデイヴィ・クラーセンは公言し、フロリアン・コーフェルト監督も「ヨーロッパに行くためには」という言葉が文頭にくることが多かった。

 開幕直後はまだ狙い通りの攻撃が見られていたことから、首脳陣にもファンにも心配する声は少なかった。「自分たちがどのようにチャンスを作り出していたか。同じ形だけではなく、様々なバリエーションを使い分けながらしっかりとしたチャンスを導き出せていた。90分を通して、そうしたプレーが見られていたことについては間違いなく満足している」と、コーフェルト監督はチームのポテンシャルを常に信じ続けていた。

 だが、その後どれだけチャンスを作ってもゴールが決まらない。ピリッとしない攻撃に加えて、守備でもバランスが悪く、あまりにもあっさりと失点を重ねてしまう。負けが続いてもクラーセンは、「残留争いをするようなチームのクオリティーではない」と、目標はあくまで“ヨーロッパ”の姿勢を崩さなかった。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング