“小皇帝”バラック、古巣チェルシー移籍合意のヴェルナーを歓迎 「両者にとって良い決断」

チェルシー移籍合意と報道のRBライプツィヒFWヴェルナー(左)とチェルシーOBのバラック氏【写真:Getty Images & AP】
チェルシー移籍合意と報道のRBライプツィヒFWヴェルナー(左)とチェルシーOBのバラック氏【写真:Getty Images & AP】

バラックは移籍理由を「よりプレーできる機会が多いと判断したのではないか」と推察

 RBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーは、チェルシー移籍の合意が報じられた。かつてチェルシーでも活躍した元ドイツ代表MFミヒャエル・バラック氏は、「両者にとって良い決断」と評価した。英紙「メトロ」が報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 当初、ヴェルナーはユルゲン・クロップ監督との会談が報じられ、リバプールへの移籍が迫っていると考えられていた。しかし、チェルシーは契約解除金の5400万ポンド(約75億円)を支払い、年俸900万ポンド(約12億5000万円)を提示して合意にこぎつけたとされる。

 バラックはヴェルナーの移籍合意について、金額面だけではなく、ピッチ内でも両者にとってメリットが多いと話す。

「両者にとって良い決断だと思うよ。ティモはフィットするだろうね。チェルシーのスタイルは、彼のサッカーに合うはずだ。また、チェルシーであればより多くの出場時間を得られると判断したのだろう。彼にとって、それもとても重要なことだ」

 また、OBとしてヴェルナーへアドバイスも送っている。

「イングランドの最も大きな違いは、審判が笛を吹くことが少ないことだ。ぶつかり合いも多く、強度も高い。活躍するためにはそこが鍵になるから、できるだけ早く慣れないといけない。でも彼は良い選手でスピードもある。フィジカル的にも強く、デュエルでも良さを出せるだろうから、すぐに慣れるはずだ」

 今季ブンデスリーガで25得点を挙げているヴェルナー。まだチェルシー移籍の正式発表はないが、来季はプレミアリーグで暴れる姿に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」