バルサFWグリーズマン、バスケ部門エースと“サプライズ”交流に反響 「最高にお気に入り」

バルセロナFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】
バルセロナFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】

1月のリーグMVPを獲得したミロティッチにサプライズプレゼントを贈呈

 スペインを代表するビッグクラブであるバルセロナは、レアル・マドリードと同様に多くのスポーツにおいてプロチームを保有している。その一つであるバスケットボールチームと、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの交流の様子をクラブ公式SNSが公開し、反響を集めている。

 サッカー部門が世界的に知られるバルセロナだが、他にもバスケットボール部門、ハンドボール部門などを持ち、総合スポーツクラブとして運営されている。そこには“横”のつながりもしっかりとあるようだ。

 今回のサッカーとバスケットボールの間での交流は、バスケットボール部門のスペイン代表ニコラ・ミロティッチが、リーガACB(スペイン・バスケットボールリーグ)で1月の月間MVPに選出されたことがきっかけとなった。

 クラブ公式ツイッターが公開した映像では、グリーズマンが個人的に準備したプレゼントを持ち、MVP受賞インタビューを受けているミロティッチのところへ。真剣に受け答えをしているミロティッチだったが、グリーズマンが「MVP! MVP!」と叫びながら“乱入”してくると、驚きの後に笑顔を見せ、ハグを交わしてサプライズのプレゼントを受け取った。

 プレゼントの中身は特製のトロフィー。ただ、ミロティッチは「彼(グリーズマン)が一番のサプライズだよ」と顔をほころばせていた。ミロティッチはグリーズマンと同じく昨夏にバルセロナに加入したという縁もあり、動画内には2人でバスケットボールをプレーする仲の良い姿も収められていた。投稿の返信欄にはファンから「素晴らしい選手たち」「2人ともかわいい」「最高にお気に入り」と反響が寄せられている。

 グリーズマンが競技を越えて行った“粋”なサプライズ。今季リーグ戦では20試合7得点と本領発揮しているとは言いがたいグリーズマンだが、ミロティッチから刺激を受け、シーズン終盤での爆発につなげることができるだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング