初戦突破の青森山田、黒田監督が勝因の一つに挙げた県予選の「良い教訓」とは?

青森山田の黒田監督【写真:Football ZONE web】
青森山田の黒田監督【写真:Football ZONE web】

前年からメンバーが大きく入れ替わったなか、主将の武田を中心に結束力を高める

 第98回全国高校サッカー選手権は2日に各地で2回戦が行われ、前回優勝校の青森山田(青森)は米子北(鳥取)に6-0で勝利して大会初戦を飾った。連覇に挑む黒田剛監督は、「県予選の決勝が良い教訓になった」と語っている。

 試合は立ち上がりから双方がロングボールを蹴り合う展開になったが、黒田監督は「戸惑うことなくしっかり跳ね返していれば、反撃はできると思っていました。(初戦で)多少の緊張はあるにせよ、決定機を作らせずにやってくれた」と話す。

 そして、前半36分に先制すると後半1分には主将のMF武田英寿が追加点を挙げ、「2点目が(後半の)早い時間帯に入ったのはありがたかった。あれで相手は少し気持ちが落ちたかもしれない」と、勝負を分けたポイントを振り返った。

1月2日試合結果一覧【画像:Football ZONE web】
1月2日試合結果一覧【画像:Football ZONE web】

 前回の選手権を制したチームでは、2年生でレギュラーだったのは武田のみだったことからチームは大きく入れ替わった。それだけに「自分たちの力のなさを自覚してスタートして、(高円宮杯)プレミアリーグで10試合負けず、そこで勘違いをして、その後にやってきたことを整理してきた。武田を中心に、一つのチームとして結束力を高めてくれている」と評価する。

 その青森山田が、最も苦戦したのは県予選の決勝戦だったかもしれない。八戸学院野辺地西との対戦は、延長戦まで終えて0-0でPK戦に突入。それを制してなんとか全国の舞台に駒を進めた。黒田監督は「プレミアなどでも経験のない完全に引いて守られる試合。そういうものを経験して、チームが対応力を増やしていくという意味で、良い教訓になりました」と振り返る。それがあったからこそ、連覇に挑む権利を得た。

 この日の試合では後半に交代枠もすべて使い切り、「この大会は疲労を重ねると厳しくなってしまう。今日、こうやって使い切れたのが今後に生きてくると思う」と、3回戦以降への収穫も話した。激戦ブロックに入っただけに、この大会初戦を余裕ある試合展開で終えたことは、連覇に向けて大きな一歩と言えそうだ。

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング