韓国人エース“蹴り上げ蛮行”の退場劇、モウリーニョ監督は皮肉「あばら骨折は確実」

ピッチを去るソン・フンミンをなだめるモウリーニョ監督(右)【写真:Getty Images】
ピッチを去るソン・フンミンをなだめるモウリーニョ監督(右)【写真:Getty Images】

トッテナムFWソン・フンミンがチェルシー戦での報復行為で一発退場 モウリーニョ監督は判定に不服

 トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間22日、プレミアリーグ第18節のチェルシー戦(0-2)に先発出場したが、転倒した際の報復行為により、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認の末、一発退場となった。ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、「あばら骨の骨折から早急に回復することを祈っているよ」と皮肉なメッセージを残している。英紙「イブニング・スタンダード」が報じている。

 トットナムに途中就任したモウリーニョ監督とチェルシーのフランク・ランパード監督による“師弟対決”として注目を集めた一戦だったが、スポットライトを浴びることになったのは韓国人エースだった。0-2で迎えた後半17分、左サイドで相手DFアントニオ・リュディガーと競り合った際に転倒すると、どさくさに紛れてリュディガーの腹部を両足で蹴り上げた。

 このプレーがVAR確認の対象となると、意図的な報復行為とジャッジされ、主審はレッドカードを提示。ソン・フンミンはピッチに崩れ落ち、嘆きながらロッカールームへと引き揚げたが、2点のビハインドを背負った状況で数的不利を抱えたトットナムは反撃の術なく、“ビッグ6”の直接対決で手痛い黒星を喫することになった。

 英メディアはこぞってソン・フンミンの蛮行を取り上げているが、モウリーニョ監督は試合後、「私にとってレッドカードは奇妙なものだった」と、リュディガーが負傷するほどの危険性はなかった振る舞いに対しての判定に不満を覗かせ、ソン・フンミンが以前起こした“事件”を引き合いに出し、皮肉な言葉を送っている。

「リュディガーがあばら骨の骨折から早急に回復することを祈っているよ。彼のあばらが2、3本骨折していることは確実だろうからね。エバートン戦でソニーはアンドレ・ゴメスを負傷させてしまったことで号泣していた。そして今日も、ソニーはリュディガーのあばら骨を2、3本折ってしまったことで号泣している」

 ソン・フンミンは第11節エバートン戦、相手MFアンドレ・ゴメスに後方からの強烈なスライディングタックルを見舞い、一発退場となっていたが、右足首が不自然な方向に曲がる脱臼骨折の重傷を負わせてしまったことから、気が動転して号泣しながらピッチを後にしていた。当時は然るべき処分と取り沙汰されていたが、モウリーニョ監督にとってチェルシー戦での一発退場は不服な結果となったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング