殊勲のリバプール守護神に負けてない!? “95億円GK”の連続好セーブ絶賛「ほぼ奇跡」

後半29分、GKケパがサラーとファン・ダイクのシュートを阻止してピンチを回避

 一方で、スペイン紙「マルカ」が注目したのは、アドリアンと対峙したチェルシーGKケパだった。1-1で迎えた後半29分、リバプールが右コーナーキックからつなぎ、サラーがペナルティーエリア内から強烈なシュートを放つと、ケパはグラウンダーの一撃を鋭い反応でセーブ。こぼれ球にいち早く反応したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが押し込んだが、瞬時に回り込んだケパが危機一髪でシュートを弾き、大ピンチをしのいだ。

 スペイン紙「マルカ」は、「誰もがアドリアンがトロフィーを獲得した話をするが、ケパのこの連続セーブはほぼ奇跡だ」と最大級の賛辞を送っている。

 昨夏、アスレチック・ビルバオから移籍金8000万ユーロ(約95億円)でチェルシーに加入したケパ。試合には敗れたが、“GK史上最高額”の意地をプレーで見せた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド