レアル久保建英、スター軍団の中で“圧巻スキル”に海外衝撃 「まるで同僚がアマチュア」

レアル・マドリードの日本代表MF久保建英【写真:浦正弘】
レアル・マドリードの日本代表MF久保建英【写真:浦正弘】

ベンゼマのゴールをアシスト、GKナバスを翻弄する2ゴールなどで存在感

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードへ移籍した日本代表MF久保建英はトップチームの北米ツアーに帯同しているなか、クラブ公式が連日のように日本人アタッカーの映像を公開している。スター選手たちが揃うチームのなかで久保が圧巻のスキルを見せつけており、海外メディアは「まるで同僚がアマチュアのように見せている」と驚きをもって伝えた。

 久保はレアルB(カスティージャ)所属ながら、トップチームの北米遠征に帯同。現在カナダのモントリオールで合宿を敢行中で、バイエルン・ミュンヘン(現地時間20日/ヒューストン)、アーセナル(23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とのプレシーズンマッチに向けて調整を進めている。

 10日の合宿初日から久保は存在感を示した。ミニゲームのなかで、ドイツ代表MFトニ・クロースに縦パスを受けた久保が鋭いターンを繰り出すと、ゴール中央へ走り込んできたベンゼマに横パスを供給してゴールを演出。ネットが揺れた瞬間に拍手が起こっている。

 また14日のトレーニングでは、華麗な足裏フェイントでコスタリカ代表GKケイラー・ナバスを翻弄してゴール。さらに、またぎフェイントで相手1人を抜き去ると、再び対峙したナバスを嘲笑うかのように、左足アウトサイドのシュートでネットを揺らした。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング