ネイマール、会心の“2人翻弄プレー”に賛否両論 スペイン紙言及「挑発か、天才か」

「ネイマールの最後のドリブルが世界を駆け巡る」と報じられるなど話題沸騰

 一方で、スペイン紙「マルカ」は「挑発か、天才か? ネイマールの最後のドリブルが世界を駆け巡る」と見出しを打って言及。「ブラジルのクラックは天才的なドリブルでアンジェのディフェンス2人を驚かせた。マーカーを侮辱し、クオリティー、スピード、リズムをすべて備えたドリブルを生み出した」と試合終了間際に相手を翻弄するプレーをした点について、両方の意見を示している。また、英衛星放送「BTスポーツ」公式ツイッターも「ネイマールがまばゆい輝き。PSGのFWはここでディフェンダーを辱めた」と伝えた。

 4月27日に行われたクープ・ドゥ・フランス(フランス杯)決勝レンヌ戦後、挑発的な言葉をかけたファンの顔面にパンチを見舞い、公式戦3試合の出場停止処分を受けているネイマール。最終節を前に一足早く今季が終了してしまったが、最後に見せたプレーでも議論を呼んでいる。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング