フランクフルト長谷部、決死の“スーパークリア”がブンデス公式で「ヒーロー」認定

フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトMF長谷部誠【写真:Getty Images】

アウクスブルク戦の後半14分、GKトラップが飛び出したピンチで頭でシュートをクリア

 ゴールを決めるだけがヒーローじゃない――。ブンデスリーガ公式ツイッター英語版は、そう主張する文言とともに、フィールドプレーヤーが好クリアを見せるシーンを厳選。フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠が頭でゴールを死守するシーンに、現地実況も「クーール!」と賛辞を送っている。

 フランクフルトは現地時間14日のリーグ第29節アウクスブルク戦、前半14分に左サイドのクロスをポルトガル代表FWゴンサロ・パシエンシアが打点の高いヘッドで仕留めて先制。しかし、その後アウクスブルクに2点を奪われて逆転を許すと、後半開始早々にスイス代表MFジェルソン・フェルナンデスがこの日2枚目のイエローカードで退場処分となり、数的劣勢の苦しい戦いを強いられる。

 迎えた後半14分だった。フランクフルトはペナルティーエリア内に侵入され、ドイツ代表GKケビン・トラップが飛び出すもかわされて大ピンチ。アウクスブルクの元韓国代表MFク・ジャチョルにフリーでシュートを放たれたなか、リベロで先発出場した長谷部が間一髪回り込み、ゴールライン手前で頭でクリアし、そのボールは守護神トラップがキャッチして難を逃れた。

 結局、後半39分に3点目を奪われ、リーグ戦では約4カ月ぶりの敗戦となったが、ブンデスリーガ公式ツイッター英語版が「ゴールを決めるだけがヒーローじゃない」と綴り、フィールドプレーヤーの好クリアシーンを厳選した動画の中に長谷部のプレーは収録され、実況も「クーール! 長谷部がライン上で力強さを見せ、ケビン・トラップの腕に収めた」と伝えていた。

 UEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の4位につけるフランクフルト。長谷部の存在価値は、試合を重ねるごとに増すばかりだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング