2次予選の行方を左右する大一番 本田、香川、長友らが先発

長友は右サイドバックでの起用か

 8日、ワールドカップ・アジア2次予選のシリア戦へ向けた日本代表のスターティングメンバーが発表された。

 9月8日の同予選アフガニスタン戦以来のゲームとなるハリルジャパンは、2人のメンバーを入れ替えた。今回招集が見送られた酒井宏樹(ハノーファー)に代わって酒井高徳(ハンブルガーSV)がスタメン起用。長友佑都(インテル)が右サイドバックを務めると予想される。また、前回の代表招集を負傷により辞退した槙野智章(浦和)がスタメンに復帰し、吉田麻也(サウサンプトン)とセンターバックを組む。

 中盤から前線は、アフガニスタン戦と同じメンバーになった。前回のゲームでキレのある動きを見せた原口元気(ヘルタ・ベルリン)が継続してスタメン起用されたほか、ブンデスリーガで好調の香川真司(ドルトムント)、ACミランで苦境に立たされている本田圭佑も名を連ねた。一方で、今回が日本代表として公式戦初登録の南野拓実(ザルツブルグ)や、約3年半ぶりの代表復帰となった柏木陽介(浦和)はベンチスタートになった。

 現在、日本は2勝1分の勝ち点7で2位。対戦相手のシリアは3戦全勝でグループのトップに立っている。また、この試合はシリアの政情不安を鑑みて、中立地のオマーンで開催される。メンバーは以下のとおり。

<スタメン>

GK:西川周作

DF:長友佑都

DF:槙野智章

DF:酒井高徳

DF:吉田麻也

MF:香川真司

MF:山口蛍

MF:長谷部誠

FW:本田圭佑

FW:原口元気

FW:岡崎慎司

<控え>

GK:東口順昭

GK:六反勇治

DF:米倉恒貴

DF:塩谷司

DF:森重真人

DF:丹羽大輝

MF:柴崎岳

MF:清武弘嗣

MF:柏木陽介

FW:宇佐美貴史

FW:武藤嘉紀

FW:南野拓実

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング