日本、あわや失点の大ピンチ! MF柴崎とDF吉田、“イランのメッシ”に連続股抜き被害

イラン代表FWアズムン【写真:Getty Images】
イラン代表FWアズムン【写真:Getty Images】

GK権田のパスが相手に触られ、カウンターを浴びてピンチを招く

 森保一監督率いる日本代表は28日、アジアカップ準決勝イラン戦に臨んだなか、前半22分に日本守備陣のミスからピンチを招き、MF柴崎岳(ヘタフェ)とキャプテンのDF吉田麻也(サウサンプトン)が“連続股抜き被害”に遭い、あわや失点という場面が起きた。

 エースFW大迫勇也(ブレーメン)が5試合ぶりに先発復帰し、今大会フル稼働している主力メンバーが顔を並べた日本。難敵にベスト布陣で挑むと、序盤から激しい球際の攻防が繰り広げられた。

 会場の大半をイランサポーターが埋め尽くすなか、「イラン!」の大合唱が鳴り響き、日本に対してはブーイングを浴びせるなど異様な空気に包まれる。そんななか、日本に大ピンチが訪れたのは前半22分だった。

 後方でパスを回していた日本は、吉田からGK権田修一(サガン鳥栖)にバックパス。権田は余裕を持って味方へのパスを選択したはずが相手FWにわずかに触られ、そのこぼれ球からショートカウンターを食らう。

 陣形が崩れていた日本は対応が遅れながらもプレスをかけるなか、“イランのメッシ”と称されるFWサルダル・アズムンがエリア内に侵入。対応した柴崎の股を抜く華麗なドリブルを披露して日本ゴールに迫る。吉田がカバーリングに入ったなか、アズムンは素早く右足を振り抜き、シュートは吉田の股下を通過してゴール右隅へ飛んだ。そのまま失点かと思われたが、権田が辛うじて左足で触り難を逃れた。
 
 柴崎と吉田が“連続股抜き被害”に遭い、あわや失点というピンチを招くなどイランの攻撃に手を焼いている。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング