「アジアで一番」 長友佑都、イラン代表FWを“ブラジル代表10番級”と警戒「カカみたい」

日本代表DF長友【写真:Football ZONE web】
日本代表DF長友【写真:Football ZONE web】

チーム最多4ゴールのイラン代表FWアズムンを名指し 鍵は「彼を止めるかどうか」

 日本代表は28日にアジアカップ準決勝イラン戦を控えるなか、26日には試合が行われるアル・アインでトレーニングを実施した。難敵との一戦が迫るなか、DF長友佑都(ガラタサライ)は相手のエースFWを名指しすると、「今、アジアで一番良い」と称賛しつつ、元ブラジル代表の10番MFカカにたとえて警戒を強めている。

 日本はグループリーグ3連勝で首位通過を果たし、16強でサウジアラビアに1-0、8強でベトナムに1-0と勝利。ここまでの5試合で8得点3失点、すべて1点差という僅差の戦いを制して4強へと駒を進めた。一方のイランはグループリーグこそ2勝1分ながら、16強でオマーンに2-0、8強で中国に3-0と完勝。5試合で12得点無失点という圧倒的な数字を残している。

 そのなかで長友が最も警戒を強めているのが、イラン代表の24歳FWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)だ。昨夏のロシア・ワールドカップで3試合に出場した若きストライカーで、今大会もチーム最多の4ゴールをマークしている。

イラン代表FWアズムン【写真:ⒸAFC】
イラン代表FWアズムン【写真:ⒸAFC】

「20番のFW(アズムン)は今、アジアで一番良い。大迫と彼はアジアでも抜けているFW。全盛期のカカほどではないですけど、カカみたいなプレーヤーだなと」

 長友は元ブラジル代表MFカカを引き合いに出し、「足が速くて、ゴールも狙えて、パスも出せる。怖く危険なプレーヤー」とアズムンを評した。準々決勝の中国戦でも1ゴールを叩き込んで勝利に貢献している。

「彼を止めるかどうかが、僕らが上に行けるかどうかのポイント」

 相手のエースFWをどう封じるか。日本が決勝に勝ち上がるうえで大きなテーマとなる。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング