「準々決勝の初ゴールにVARが割り込んだ」 吉田のヘディング弾取り消しに海外注目

準々決勝から導入されたVAR【写真:ⒸAFC】
準々決勝から導入されたVAR【写真:ⒸAFC】

吉田がセットプレーからネットを揺らすも、VARでハンド判定となりゴールは幻に

 日本代表は24日、アジアカップ準々決勝でベトナム代表と対戦。前半24分にMF柴崎岳(ヘタフェ)からのコーナーキックをDF吉田麻也(サウサンプトン)がヘディングで合わせてネットを揺らすも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によりシュートが手に当たったとして、ノーゴール判定となった。海外メディアもこのシーンに注目している。

 日本は16強サウジアラビア戦の先発メンバーをベースに、1トップをFW北川航也(清水エスパルス)に変更した布陣でベトナム戦に臨んだ。序盤からスタジアムに響き渡るほどの声援をバックにしたベトナムに攻め込まれる場面が続くも、堅実に対処して迎えた前半24分だった。

 左コーナーキックを得ると、柴崎がゴール前にボールを供給。相手守備陣をすり抜け、吉田が的確にヘディングで捉え、力強くネットを揺らした。ベンチメンバーに駆け寄り喜びを表現した吉田だったが、その後主審がVARを要求。モニター確認すると、ヘディングシュートが吉田の腕に当たっていたとしてハンドが宣告され、ノーゴール判定となった。

 衛星放送「FOXスポール」アジア版の公式ツイッターは「ゴールが取り消しに!」と速報。「準々決勝の初ゴールにVARが割り込んだ。ハンドとしてゴールは取り消されることに。ベトナムは安堵のため息を漏らした」と伝えている。

 アジアカップでのVAR判定はこの準々決勝から。日本にとっては思わぬ形での“お披露目”となってしまった。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング