前回王者・前橋育英がベスト16敗退の波乱 2発でタイガー軍団撃破の尚志が8強進出

前橋育英がベスト16敗退の波乱 2発でタイガー軍団撃破の尚志が8強進出【写真:Football ZONE web】
前橋育英がベスト16敗退の波乱 2発でタイガー軍団撃破の尚志が8強進出【写真:Football ZONE web】

尚志に2点のリードを奪われたなか、前橋育英も後半31分に1点を返したが追いつけず

 第97回全国高校サッカー選手権は3日、各地で3回戦の試合を行い、浦和駒場スタジアムの第1試合は尚志(福島)が前橋育英(群馬)に2-1で勝利。前回王者がベスト8を前に姿を消した。

 2回戦から登場の前橋育英は2試合目、1回戦からの尚志は3試合目という対戦は、立ち上がりから互いに様子を見るような膠着した試合になった。尚志は前半20分にDF沼田皇海がゴール前に上げたFKにDF黒澤誓哉が合わせた場面、前橋育英は同27分にFW室井彗佑がドリブル突破から左足シュートを放った場面があったが、両チームともほとんどチャンスを作れずにスコアレスで前半を終えた。

 そんななか、試合は後半の立ち上がりに動いた。尚志は後半から出場のDF高橋海大がペナルティーエリアわずか外の右45度の位置でFKを獲得すると、キッカーは沼田。左足で直接狙った低いボールはわずかに壁を越えてニアサイドに吸い込まれ、同4分に大きな先制点が決まった。

 すると尚志は2分後、右サイドをMF加瀬直輝が2人の間を割るドリブルで突破すると、マイナスの折り返しをファーサイドで待ち受けたFW染野唯月が蹴り込んで追加点を挙げた。

 追い込まれた前回王者は同31分、MF高橋尚紀がペナルティーエリア内の右サイドにドリブルで侵入してシュート。これは相手DFに当たったが、こぼれ球を拾った高橋は角度がほとんどないところから思い切って右足を振り抜き、これがゴール内に吸い込まれて1点を返した。

 勢いに乗った前橋育英は残り時間も攻め立てたが、尚志の守備の前に同点ゴールとはならず。前回大会で群馬県勢の初優勝を飾った上州のタイガー軍団は、ベスト16で無念の敗退となった。一方の尚志は第90回大会でベスト4に勝ち進んで以来の8強進出を果たした。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング