日本代表DF槙野、脳震とうで入院も…「退院」報告 「至って元気」にファンも安堵

日本代表のDF槙野智章【写真:Getty Images】
日本代表のDF槙野智章【写真:Getty Images】

キルギス戦で無念の交代 槙野がSNSでメッセージ「無事退院しました」

 日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)は、20日の国際親善試合キルギス戦でキャプテンマークを巻いてスタメン出場したが、後半12分に相手選手と味方GK権田修一に挟まれるようにして接触。無念の負傷交代となった。試合後に自身の公式ツイッターを更新した槙野は「残念な事に何一つ覚えてない」と記していたが、一夜明けた21日に公式インスタグラムを更新。「無事退院しました」と報告している。

 キルギス戦ではDF吉田麻也がベンチスタートとなり、槙野がキャプテンマークを巻いてピッチに立った。守備を引き締めていた槙野だったが、後半12分に日本ゴール前にハイボールが上がると、対応していた槙野は相手選手と権田に挟まれるようにして転倒。チームドクターもピッチに入り、同16分に吉田と交代になった。試合後、日本サッカー協会の広報は脳震とうと診断されたことを明かしている。

 槙野は公式ツイッターに「一生懸命戦ったと思う。だが、残念な事に何一つ覚えてない。チームがしっかり勝てた事。それが何より一番大事な事。ロッカーに皆が帰ってきて笑顔だったからそれに救われました。キャプテン…無念の交代。笑」と投稿していた。

 そして試合から一夜明けた21日に、公式インスタグラムを更新。「無事に検査が終わり退院しました」と報告。「至って元気なのでご安心を。さて、帰ります。まずは、ゆっくり休みます。槙野…休みます。。。」と綴り、ファンからも「良かった」「安心しました」など安堵のコメントが多く並んだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング