八百長疑惑のベルギーで歓喜の一撃 GKの劇的バイシクル弾に世界騒然「まるで曲芸」

ベルギー4部で守護神の劇的なバイシクル弾が生まれた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ベルギー4部で守護神の劇的なバイシクル弾が生まれた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

ベルギー4部のGKフランスが試合終了間際に豪快なバイシクルシュートで同点

 ベルギーの地で守護神の劇的なバイシクル弾が生まれた。ベルギー4部相当のKRCヘントは現地時間13日、リーグ戦第7節オルサ・ブラーケル戦で2-2と引き分けた。劣勢の試合終盤に同点ゴールを決めたのは、ベルギー人GKケビン・フランスだった。

 試合終了間際、1-2のビハインドで迎えたCKの場面で、守護神が敵陣ゴール前まで駆け上がった。ショートコーナーからボールが放り込まれると、こぼれ球に反応したフランスがバウンドを見極めてアクロバティックな左足のバイシクルシュートを披露。これがゴール左上に突き刺さり、土壇場で同点に追いついた。

 ゴールが決まった瞬間、力強くガッツポーズしながらピッチを走り回り、チームメイトも殊勲のフランスに駆け寄って歓喜で沸いた。世界のメディアも、この豪快な一撃に注目している。

 英紙「ガーディアン」は、「ベルギーでGKが後半アディショナルタイムでスペクタクルな得点」と特集し、「試合最後の瞬間にまるで曲芸のようなゴール」と称賛。英メディア「TeamFA」も「土壇場で驚愕のオーバーヘッドキック」と紹介した。

 現在、ベルギーでは八百長疑惑が大きな波紋を呼んでいるが、守護神のストライカーさながらのバイシクル弾は現地に活気をもたらしたようだ。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング