グリーズマンは昨季「疑いようもなく世界最高の選手」 シメオネ監督が愛弟子を絶賛

シメオネ監督(左)がグリーズマンを称賛している【写真:Getty Images】
シメオネ監督(左)がグリーズマンを称賛している【写真:Getty Images】

アトレチコでEL制覇、フランス代表でW杯優勝と充実の時を過ごすと主張

 アトレチコ・マドリードの指揮官であるディエゴ・シメオネ監督は、自クラブの選手であるフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが「昨季の世界で最も優れたサッカー選手だったことは間違いない」と語った。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 昨季のアトレチコはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)こそグループステージで敗退したものの、UEFAヨーロッパリーグ(EL)を制覇。リーガ・エスパニョーラでも2位となるなど、充実したシーズンを過ごした。

 そのチームをエースとして牽引し、フランス代表の一員としてもロシア・ワールドカップ(W杯)を制したグリーズマン。だが、先日発表されたFIFA最優秀選手賞の最終候補3人にはクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、エジプト代表FWモハメド・サラーが選ばれ、グリーズマンらW杯王者のフランス代表から一人も選ばれず、そのことについて多くの議論が起こっている。

 そんななかアトレチコのシメオネ監督は、グリーズマンが2018年に獲得したタイトルや個人の成績を挙げて「昨季、彼は疑いようもなく世界最高の選手だった」と強調。「それは間違いないことだ」と、グリーズマンが候補に入らなかったことを嘆いた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング