モウリーニョ、“3年目の解任”再び? 補強巡るクラブとの関係悪化を英紙指摘

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】
マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】

マンUが移籍期限までセンターバック補強に動くも実現せず

 最後まで指揮官の希望が叶うことはなかった。マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は今夏の移籍市場でセンターバックの補強に動いたが、複数挙がった候補の一人も獲得できずに移籍マーケットが終了した。英紙はポルトガル人指揮官とクラブとの関係悪化を指摘している。

 今夏の移籍市場ではブラジル代表MFフレッジ、U-21ポルトガル代表DFディオゴ・ダロト、35歳のベテランGKリー・グラントを獲得したユナイテッド。目立った主力の流出も今のところは起きていないが、モウリーニョ監督はこれで良しとせずに、さらなる補強を求めた。

 特にセンターバック獲得の動きは顕著だった。レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア、トットナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表DFジェローム・ボアテング、バルセロナからエバートンへの移籍が決まったコロンビア代表DFジェリー・ミナ、アトレチコ・マドリードのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンなど、様々な選手がターゲットとして浮上していた。

 しかし、英紙「ガーディアン」は「マンチェスター・ユナイテッドはジョゼ・モウリーニョ監督の“欲しいものリスト”を拒否した」とし、移籍が実現しなかった背景にはクラブとモウリーニョ監督との関係悪化が影響していると報じた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング