リバプール新守護神アリソン、初練習の超絶セーブが話題 「GKの神」「勝ち点15分」

リバプールに新加入のGKアリソン【写真:Getty Images】
リバプールに新加入のGKアリソン【写真:Getty Images】

GK史上最高額98億円で加入したブラジル人GKがミニゲームで至近距離シュートを阻止

 リバプールのブラジル代表GKアリソンは今夏、GK史上最高額の移籍金6700万ポンド(約98億円)でASローマから加入。現地時間7月31日に初練習を行った新守護神は、目を見張るスーパーセーブで早くも存在感を示している。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。

 ブラジル代表の一員としてロシア・ワールドカップに出場していたアリソンは、7月31日にリバプール移籍後初の練習に参加。早速ミニゲームで実力を見せつけた。対峙したビブス組が左から右へとサイドチェンジし、同じく新加入のスイス代表MFジェルダン・シャキリが落としたところをセルビア代表MFマルコ・グルイッチがフィニッシュ。完全に横に振られたなか、アリソンは素早く反応して1メートルにも満たない至近距離からの強烈なシュートを右手一本で弾くスーパーセーブを披露した。

 これには、グルイッチも思わず天を仰いで悔しがった。記事では、「アリソンがトレーニング中に凄まじいセーブ」と特集。このプレーを受けたファンの声も紹介しており、「我々はGKの神を手に入れた!」「彼は高額だったが、彼のおかげで勝ち点15ポイント分を拾い上げることができる」など賛辞の言葉が寄せられている。

 オフに大型補強を敢行したリバプールにとって、今季は29年ぶりのとなるプレミア制覇を狙う勝負のシーズン。25歳のブラジル人守護神に懸かる期待は日に日に大きくなっている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング