ブラジル代表MFコウチーニョがポルトガル国籍を取得 バルサが恩恵を受ける理由

コウチーニョがポルトガル国籍を取得したと報じられた【写真:Getty Images】
コウチーニョがポルトガル国籍を取得したと報じられた【写真:Getty Images】

コウチーニョのポルトガル国籍取得により、バルサは外国人枠が1枠空くことに

 バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがポルトガル国籍を取得したとをポルトガルメディア「A BOLA」が報じた。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、来季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 ロシア・ワールドカップ(W杯)で全5試合に出場し、2ゴールをマーク。ブラジルはベスト8で敗退したが、いまやセレソンに不可欠なアタッカーに成長を遂げた。そんなコウチーニョは2年前にポルトガル人女性と入籍。その時からポルトガル国籍の取得に動いていたという。

 今回のポルトガル国籍取得により、コウチーニョはブラジル代表のままだが、EU外国選手枠から対象外となった。これにより外国籍選手枠が一席空き、移籍の可能性が浮上していたコロンビア代表DFジェリー・ミナの慰留、また新たな外国籍助っ人の獲得に動くことも可能となり、バルセロナにとっては大きな恩恵となる。

 ライバルのレアル・マドリードは絶対的エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに移籍し、現時点では大幅な戦力ダウンとなっている。コウチーニョのポルトガル国籍取得は、バルサにとって追い風になりそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング