日本対ポーランドは「95億円vs357億円」対決! レバンドフスキ一人の市場価格で西野J超え

(左から)本田、香川、レバンドフスキ、ジエリンスキ【写真:Getty Images】
(左から)本田、香川、レバンドフスキ、ジエリンスキ【写真:Getty Images】

ポーランドが世界に誇る主軸レバンドフスキは、グループH唯一の市場価格100億円超

 日本代表は28日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ最終戦で、ポーランド代表と対戦する。欧州予選をグループ1位で通過してきた難敵は、主将でエースのFWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)をはじめ、ゲームメーカーのMFピオトル・ジエリンスキ(ナポリ)、守護神のGKヴォイチェフ・シュチェスニー(ユベントス)など強豪クラブでプレーする選手も多い。2連敗ですでにグループリーグ敗退が決定しているが、国の威信を懸けて全力でぶつかってくるだろう。

 最新のFIFAランキングでは、ポーランドが8位、日本が61位。さらに、ドイツ移籍情報サイト「transfermarkt.com」が移籍金や活躍度、年齢などを踏まえて総合的に算出している選手の推定市場価格を見ると、その“格差”はかなり大きい。

 ポーランドの1位はレバンドフスキだ。グループHでは唯一の大台突破となる117億円。ブンデスリーガで直近5シーズン中3度の得点王に輝くなど、そのゴール嗅覚とテクニックは間違いなくワールドクラス。推定市場価格においては、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(バイエルン)やセネガル代表FWサディオ・マネ(リバプール)をも上回る評価を受けている。

 他にもジエリンスキが41億6000万円、シュチェスニーとFWアルカディウシュ・ミリク(ナポリ)が26億円、DFカミル・グリク(モナコ)とMFグジェゴシュ・クリホビアク(WBA)が23億4000万円と、主力クラスには20億円超えが6人もいる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング