西野ジャパンの“トランジション”を海外紙が称賛 「セネガルをおののかせた」

海外紙が日本の健闘ぶりを称賛している【写真:Getty Images】
海外紙が日本の健闘ぶりを称賛している【写真:Getty Images】

乾と本田を中心としたコレクティブな戦いにスペイン紙も注目

 日本代表は24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦セネガル戦を2-2のドローで乗り切り、貴重な勝ち点1を奪った。この試合でインパクトを残したのは同点ゴールを奪ったMF乾貴士(エイバル)とMF本田圭佑(パチューカ)だ。スペイン最大級の全国紙「マルカ」はそんな日本の健闘ぶりを称賛している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合は前半11分、GK川島永嗣のパンチングミスから相手エースのFWサディオ・マネに先制点を許す。同紙は「カワシマのミスを突ききった」とアフリカの雄の抜け目なさを触れたが、その後は日本の個の力、そしてコレクティブな闘いぶりに目を見張ったようだ。

「それから20分もしないうち、イヌイの鮮やかな一撃はアフリカ人の心に微妙な揺らぎをもたらした。その後試合は日本が息を吹き返し、イヌイはクロスバー直撃のシュートもあった。セネガルは日本のトランジション(攻守の切り替え)におののいた。(ムサ・)ワゲがファーサイドからのシュートでセネガルの2点目を奪ったものの、日本は交代からわずか7分でホンダがゴールによって喜びを見せた」

 日本の切り替えがハマったことを明記するとともに、「これがW杯のグループの中で最も不確実性があり、オープンな戦いが続くことをもたらす」と締めている。

 この後行われたポーランド対コロンビアが3-0でコロンビアの勝利となったため、決勝トーナメント進出はポーランド以外の3カ国で争われることになる。日本の健闘はスペイン語圏のメディアの視点からも印象的に映っているのは間違いなさそうだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング