トップ下香川が2-2ドローを「良いサッカー」と評した理由 「僕が一列落として…」

トップ下で先発した香川が2-2ドローを「良いサッカー」と評した理由は?【写真:AP】
トップ下で先発した香川が2-2ドローを「良いサッカー」と評した理由は?【写真:AP】

1トップの大迫や両翼の乾&原口とのコンビネーションに磨き

 日本代表は現地時間24日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガルと対戦し、2-2のドローで勝ち点1を積み上げた。MF香川真司はこの試合での戦い方に十分な手ごたえを感じているようだ。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「良いサッカーをしていた。最初は苦労したり身体的なところやスピードへの対応に慣れないところがあった。時間が経つにつれて良い戦いができた。相手の裏を突きながら良いポゼッションができていたと思う」

 初戦のコロンビア戦と同じスターティングイレブンで試合に入り、トップ下でプレーした香川は試合をこう振り返った。「チームとして試合前から引き分け狙いの消極的なものでなく、攻撃的に行けるところは行くという意思統一ができていたと思う」としっかりとチームとして戦えたと手応えを明かす。1トップのFW大迫勇也やMF乾貴士、MF原口元気の両翼とのコンビネーションにも磨きがかかっている。

「僕とサコ(大迫)のところに入ってサイドに展開してチャンスができていた。あまり人を入れ過ぎず、乾や(原口)元気も中に入って来られる。僕が一列落として、そこで受けて入ってくるというのを意識していた。相手がそこまでマークの受け渡しができていなくて、中に入って被ることがあったので、僕が寄らずにスペースを空けると言っていた」

 背番号10を背負うプレーメーカーはチームのパフォーマンスに満足感を示していた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング