「よく最後追いついた」と香川がチームの粘り強さ称賛 「1ポイントは次につながる」

香川がチームの粘り強さを称賛【写真:Getty Images】
香川がチームの粘り強さを称賛【写真:Getty Images】

セネガル相手に奪った勝ち点1の大きさを強調 「1試合目から改善できた」

 日本代表MF香川真司は、24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦に先発出場。MF本田圭佑と交代し、試合終了の瞬間をベンチで迎えたが、その本田のゴールで勝ち点1を獲得したチームに「よく最後追いついた」と称賛を送った。

 日本はセネガルに二度リードを許す苦しい展開となったが、MF乾貴士が1得点1アシスト、途中出場の本田が日本代表史上初の3大会連続となる得点で2-2のドローに持ち込んだ。初戦で強敵ポーランドを下したセネガルから、貴重な勝ち点1を獲得した。

「よく最後追いついた。勝ち切りたかったが1ポイントは次につながる。まだ決まってないので中3日、次に準備したい」

 香川は難敵相手から奪った勝ち点1が持つ価値の大きさを主張。日本は決勝トーナメント進出に向けて大きく前進した。

「1試合目から改善できたと思う。ボールを支配して攻めたなかで、勝ち切るところが足りなかった」と課題も口にする香川。この日はゴールに絡むことができなかったものの、「最後は自分で取り切りたいし、自分自身に言い聞かせて準備したい」と、ポーランド戦での活躍を誓った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング