ベルギー代表FWルカク、足首負傷も次戦出場に楽観的 「僕は回復が早い方だ」

「この世代にとって最後の大会になるかもしれない」

 また、チーム全体のパフォーマンスに関しては「パナマ戦の時よりチュニジア戦のほうがはるかに良くなっていた」と振り返る。そして、「僕らは改善を続ける必要がある。日々より良くなるために頑張っているし、努力している」と前進していることを強調した。

「最も重要なことは自分自身が楽しむこと。サッカーは楽しいけど、同時に勝つためにプレーしなければならない。正しいバランスを見つけられれば、それはずっと楽しい。EURO2016(欧州選手権)では目標を達成することができなかった。でも今回は自分自身楽しんで戦っている」

「一部の選手は今大会で引退する可能性もあるから、この世代にとって最後の大会になるかもしれないことは分かっている」と語ったルカク。近年、躍進著しいベルギーがどこまで勝ち上がるのか、大きな注目になりそうだ。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング