乾貴士の右足が炸裂! 狙いすましたコントロールショットで貴重な同点ゴール

前半34分に同点ゴールを奪った乾【写真:Getty Images】
前半34分に同点ゴールを奪った乾【写真:Getty Images】

前半34分にペナルティーエリア内からゴールを陥れる

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦、現地時間24日の日本対セネガル戦で1点ビハインドのなか、同点ゴールを奪ったのは左サイドで先発したMF乾貴士だった。ペナルティーエリア内左から得意の形でシュートをゴール右隅に叩き込んだ。

 日本は前半11分、右サイドからのクロスをファーサイドのMF原口元気がクリアしきれず、DFユースフ・サバリにシュートを許した。これをGK川島永嗣がパンチングで処理しようとしたが、クリアしきれずに詰めていたFWサディオ・マネに当たってゴールイン。相手にリードを許す展開となった。

 そうした流れを断ち切ったのが乾だった。前半34分に右サイドからのロングフィードをオーバーラップしたDF長友佑都がコントロールし、そのままボールを引き取った乾は右足のインフロントで狙いすましたシュートをゴール右隅に蹴り込んだ。

 コロンビア戦では決定機を決めきれずにいた乾だが、この日は訪れた決定機を確実にものにし、貴重な同点ゴールで期待に応えてみせた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング