「ビックリした」 長友佑都がW杯対戦国セネガルに衝撃「どう対応していけば…」

長友はセネガルについて「めちゃくちゃ強い」と率直な印象を語った【写真:Getty Images】
長友はセネガルについて「めちゃくちゃ強い」と率直な印象を語った【写真:Getty Images】

セネガルの映像をチェックした長友 第一印象は「めちゃくちゃ強いですね」

 日本代表は24日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦セネガル戦に臨むなか、DF長友佑都は対戦国の映像をチェック。「ビックリした」と衝撃を受けたと明かしている。

 19日のW杯グループリーグ初戦コロンビア戦では、開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドで一発退場となり、その流れで獲得したPKをMF香川真司が決めて先制。前半38分に低弾道FKを叩き込まれて1-1となるも、後半28分にMF本田圭佑の左CKからFW大迫勇也が頭で合わせ、2-1と勝利を収めた。

 続くセネガル戦に向けて「ビデオを見た」という長友は「めちゃくちゃ強いですね」と第一印象を口にしている。もっとも「フィジカル、スピードがあって、アフリカのチームなので分かっていました」とある程度は想定内のプレーだったという。ところが、映像を見ていた長友は「ビックリしたのは……」と、驚きを隠せなかった部分があったようだ。

「チームとして規律がある。しっかり連動してみんな動いている」

 元来アフリカのチームと言えば、個々のフィジカルがずば抜けて強く、並外れたスピードやパワーを持つイメージが強い。そして、セネガルもご多分に漏れない。ただし、その一方で組織力に課題を抱えるチームが大半だった。これまでのイメージを覆すチームが今回のセネガル代表だ。

「守備の意識が高いですし、彼らが規律を持った時にはどういう対応をしていけばいいのか。なかなか難しいなというのが正直な感想です」

 長友も今まさに対応策を模索しているという。規格外のセネガルに対して、西野朗監督率いる日本は、どのような策を講じるのだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング