ネイマール先発のブラジル、コスタリカの堅守に苦戦 前半を0-0で折り返す

ブラジル対コスタリカは前半を0-0で折り返す【写真:Getty Images】
ブラジル対コスタリカは前半を0-0で折り返す【写真:Getty Images】

初戦ドロー発進の王国ブラジル 5-4-1の守備的な相手を攻めあぐねる

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のブラジル対コスタリカが現地時間22日に行われ、スコアレスのままハーフタイムに突入した。

 ブラジルのチッチ監督は、初戦のスイス戦で10回ものファウルを受けて右足首を痛め、練習から離脱することがあったネイマールをスタメン起用。変更は右サイドバックにDFファグネルを起用するのみに止めた。

 一方で、前回大会はイタリア、ウルグアイ、イングランドが同居する死のグループを突破し、ベスト8に進出して世界を驚かせたコスタリカだが、初戦のセルビア戦で敗戦。ここで敗れると敗退が決まる後がない一戦となった。

 最初の決定機はコスタリカだった。前半13分、右サイドをパス交換でスピードアップして突破すると、マイナスの折り返しに走り込んだのはMFセルソ・ボルテス。フリーで放った右足シュートだったが、ゴール左に引っ掛けて外してしまった。

 ブラジルはコスタリカの5-4-1でブロックを作る守備の前に攻撃の糸口をなかなかつかめない。同26分にはDFマルセロのシュートのこぼれ球をFWガブリエル・ジェズスが蹴り込んだが、明らかなオフサイドで得点とはならなかった。2分後には左サイドから抜け出したネイマールがゴールに迫ったが、GKケイラー・ナバスが素早く飛び出してシュートを打たせてもらえなかった。

 時間の経過とともにネイマールが高い位置でボールに絡めるようになったブラジルはペースをつかんだ。コスタリカゴールに近い位置まで攻め込む攻撃も増えたが、前半のうちに先制点は奪えず。スコアレスのまま試合は後半勝負になった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング