ブラジル代表MFコウチーニョの鮮烈弾に世界騒然 「W杯ベストゴール」「歴史的瞬間」

スイス戦で華麗な先制弾を決めたコウチーニョ【写真:Getty Images】
スイス戦で華麗な先制弾を決めたコウチーニョ【写真:Getty Images】

前半20分に華麗な先制弾が炸裂 「国民はエンターテインメントを求めている」

 ブラジル代表は現地時間17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でスイス代表と対戦し、1-1と引き分けた。優勝候補筆頭とされるカナリア軍団にとっては手痛い結果となったが、オープニングゴールとなった鮮烈な一撃が注目を浴びている。

 前半20分、ブラジルは左SBマルセロのクロスをクリアされるも、こぼれ球をMFフィリペ・コウチーニョが拾う。すると、ペナルティーエリア左手前でトラップから右足を一閃。美しいカーブを描いたコントロールショットは、ポストをかすめてスイスのゴールネットを揺らした。

 このゴラッソに海外メディアも反応。米紙「USAトゥデー」は、「たった19分間で2018年W杯のベストゴールを記録」と見出しを打って特集を組み、「ブラジルほどのチームとなると、ただ単に勝利を目指すための試合では満足させられない。国民はエンターテインメントを求めている。だが、わずか19分間でコウチーニョはそれをやってのけてしまった」と紹介している。

 英紙「インディペンデント」も「衝撃的なフィニッシュ」「25ヤードからセンセーショナルなカーブショット」「26歳が歴史的な瞬間を創り出した」と賛辞の言葉を並べ、英メディア「SPORTS JOE」も「アンストッパブルな一撃は、コウチーニョ史上最高のゴール」と綴り、壮観なゴールを称えた。

 セレソンの初陣を彩った圧巻のゴールは世界を魅了しているようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング