フランスが「VAR&ゴールラインテクノロジー」で2得点! 豪州に苦戦も2-1白星発進

決勝ゴールを挙げたポグバ【写真:Getty Images】
決勝ゴールを挙げたポグバ【写真:Getty Images】

W杯史上初のVAR判定でのPKで先制、ポグバがループ弾で決勝点

 20年ぶりのワールドカップ(W杯)優勝を目指す強豪フランスとオーストラリアによる一戦は、歴史的なビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)制度によるPK判定でフランスが先制し、さらにゴールラインテクノロジーでMFポール・ポグバの決勝ゴールが認められるという、テクノロジーの力が前面に出る形でフランスが2-1の勝利を収めた。

 16日にカザンで行われたロシアW杯グループリーグ第1戦、フランスを率いるディディエ・デシャン監督は、大会直前に負傷が伝えられた19歳にして「10番」のFWキリアン・ムバッペをスタメン起用。FWウスマン・デンベレ、FWアントワーヌ・グリーズマンと合わせたスピード感あふれる3トップを採用し、FWオリビエ・ジルーをベンチスタートにした。一方、オーストラリアでは最前線に浦和レッズのFWアンドリュー・ナバウトが起用され、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクはベンチスタートになった。

 立ち上がりから攻勢に出るフランスは早くも前半2分、最終ライン背後に抜け出したムバッペが、角度がないながらもGKと1対1になりニアサイドを狙った。しかし、これはオーストラリアのGKマシュー・ライアンが弾き出した。一方のオーストラリアも同17分、左サイドからのFKを得るとゴール前に入れたボールはフランスDFに当たってゴール方向に飛んだ。しかし、これはGKウーゴ・ロリスの好反応で事なきを得て、早い時間の先制点は生まれずに進んだ。

 その後、試合は全般的にフランスのペースで、最終ラインの背後を何度となく狙ったが、オーストラリアの最終ラインもギリギリのところで対応。オーストラリアはセットプレーから活路を見出そうという展開になったが、こちらもゴールを割れずにスコアレスで前半を折り返した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング