本田圭佑、気分は冒険王コロンブス!? 批判に反応「めっちゃスゲー宝を見つけたる!」

ビジネスや社会貢献活動に対する声に持論「よしよし、まだ未開拓地ってことやな」

 パチューカのFW本田圭佑が24日にツイッターを更新。ビジネスや社会貢献活動に取り組んでいることに対して少なからず批判があるようで、新大陸を発見するなど冒険王としても知られるクリストファー・コロンブスになぞらえ、「『まだ未開拓地ってことやな。めっちゃスゲー宝を見つけたる!』って気分になる」と綴った。

 メキシコリーグ(リーガMX)後期で8試合連続スタメンを果たし、3得点3アシストを記録している本田は、22日のカップ戦(コパMX)はベンチ外だった。25日に第9節・本拠地レオン戦を控えるなか、24日に自身のツイッターを更新。ピッチ外での活動に対する思いをしたためた。

「ビジネスや社会貢献活動を本気で取り組むと、本業に集中しろ、サッカー以外のスキルがないくせに、胡散臭いという批判を受ける。その度に『よしよし、まだ未開拓地ってことやな。めっちゃスゲー宝を見つけたる!』って気分になる。コロンブスもこんな気分やったんかな。」(原文ママ)

 本田はオーストリア3部SVホルンやカンボジア1部ソルティーロ・アンコールFCの実質的なオーナーを務めるなどビジネスにも力を注ぐほか、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいる。一部からはサッカーに集中すべきとの声もあるようだが、逆に本田はまだまだ開拓できる余地があるとの見通しを語っている。

 投稿の返信欄には、ファンから「大谷翔平は二刀流ですが、本田さんは三刀流くらいありますね」「本田さんは本田さんらしいことをやっているだけです」「本田選手のサッカーへの取り組み、サッカー以外での取り組みは素晴らしい」「コロンブス本田」などエールが送られた。なかには、「近いうちに共同投資しましょう!」という書き込みに対し、本田が「Sounds good」とメッセージを返している。

 これまで、有言実行で周囲の期待に応えてきた本田。今回は、どのような“答え”を示すのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング